乳首の黒ずみは毎日のケアで改善する!

学生の頃から乳首が黒いのがコンプレックスでした。友人と温泉旅行に行くとなっても、心から喜ぶことができませんでした。気の知れない友人とはいえ、堂々と裸になるのは勇気が必要でした。友人が私の乳首をじっくり見るなんてことはないので気にしすぎなのですが…。そのような心配でせっかくの楽しい旅行を台無しにしたくない!と思い、乳首が少しでもキレイに見えるように黒乳首の改善を目標に日頃からケアをするようにしました。

私が行ったのは、美白のスキンケアを乳首につけるという方法でした。乳首も顔と同じ肌なので、スキンケアをすればその分効果を感じることができます。さらに、美白のスキンケアには美白有効成分が配合されているものが多く、肌のトーンを上げてくれるものが多いので効果的です。お風呂上りに乳首に乳液をつけるというシンプルなものなので、億劫にならずに続けることができます。この方法を始めて2か月経つ頃には、乳首の色が肌色に近づき、トーンが明るくなりました。すぐに効果が出るわけではありませんが、続けることで確実にトーンが変わってきます。肌もキレイになるので一石二鳥です。今では乳首の色のコンプレックスもなくなり、温泉旅行も思いっきり楽しめています。

ものの言い方を工夫するだけで色気を出すことができる

女性は常に女の色気を出しています。女性という性別を利用して男性を誘おうとしているのです。

しかし、ほとんどの女性の色気を持っているために、男性の方にも耐性がついてしまい、普通に誘っただけでは乗ってこなくなりました。

男性を簡単に誘うためには、ただの女性を演じるのではなく、ちょっとした工夫が必要になります。

誘い方ひとつで色気は出ます。声の強弱、ものを言う時の溜め、言葉遣いなど、ひとつの台詞でも何通りもの言い方があり、それをうまく利用すればあっさりと色気を出すことができるのです。人によって向き不向きはあるかと思いますが、それは訓練次第でどうにでもなること。本当に色気を出したいと思うのなら、少しの努力も惜しまないことが大切です。

でも、女性の色気はわざとらしく出しても意味がありません。自然に出して初めて男性を誘うことができます。練習段階では演技っぽくなっても構いません。その演技をどう実践で使うのかが重要になってきます。

実際に男性と向き合っても、不自然のままに台詞を発してしまえば色気なんて全く出ません。練習したことをナチュラルに出すことができれば、色気のある女性になった、と言えるでしょう。

もちろん言い方だけでは駄目。ファッション、メイクなどの助力があってこそ、色気のある言葉は威力を2倍にも3倍にもなります。見た目と内面のバランスを整えて女性の魅力を引き出しましょう。